読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころという名の羅針盤

こころの平和と宇宙との調和を模索しています

伝説上の神獣…ではちょっと…

それからは、龍神さまにまつわる場所を
ひとつひとつ訪ねてゆきました。

2016/09/07 blog photo by horiesanae

また「龍」という存在について
調べ始めたのもこの時期からでした。

伝承と言われているのは存じております、
では、どうして洋の東西を問わず
龍の伝説が残されているのでしょうね。

神獣・霊獣として数々の伝説を残し、
皇帝のシンボルともされた。

水・天候をつかさどり、
秋になると淵の中に潜み、春には天に昇る。
自然の大いなる力を顕在化させた存在
それが「龍」であるのかもしれません。

中国の風水では、
龍は、気の流れを例えた存在であるとされています。
龍脈と呼ぶのが「大地の気の流れる道」であり、
龍穴と呼ぶところが「大地の気が集まる場所」
大地を流れる大いなる存在。

そして、気は山脈の尾根伝いに流れていて、平地に流れ込む。
その流れが滞りないのが「気が良い」とされる状態だそう。

気は、水と共に流れるとされるので、
中国やタイでは玄関に滝や噴水、
水を流す仕掛けが良く置いてあります。

伝説のイキモノ。
と言われると、どう扱ってよいものか
ちょっと考えてしまいますが、
大地を巡り、大気を震わす、大いなるエネルギー。

龍をそう捉えるとしたなら、
大いなるガイアに存在する小さきものとしては、
尊敬と敬愛とを持って接することが出来る。

わたくしは、その内容で納得いたしました。
別に納得できないといけないというわけではありません。

しかしながら、好きと言いながらその存在を
イマイチ理解できていない。
というのはなんだか失礼な気がしますし、
ちょっとうまく繋がれない気がしたのです。

わたくしたちもエネルギーでできていて、
龍もエネルギーでできているなら、
次元は違ったとしても、お互いに助け合い、
愛し合うことが出来るのではないか。

そんな風に感じたのですね。
楽天的でしょうかw